土地の売買に役立つレインズによる不動産取引検索とは?

土地の売買に役立つレインズによる不動産取引検索とは?

不動産検索サイトなどは、大手のスーモやホームズなどが
非常に高い知名度を持っていることで知られています。

ですが、それらのサイトよりも高い専門性を持っている検索サイトである、
レインズはあまり知られていません。

レインズは、正式には指定流通機構と呼ばれる組織で、
一般的な商用のサイトではなく、国土交通大臣が指定した
不動産情報機構となります。

イメージとしては、一般に商用サイトは宅建業者と一般顧客を
結びつける事を目的としています。

それに対してレインズは、宅建業者同士で不動産の情報共有をしています。

そう考えると、すんなり理解をする事ができると思われます。

では、このレインズが何故土地の売買に役立つのでしょう。

その秘密は、レインズが持つある特異なルールにあります。

例えば、一般利用者が不動産を売却したい時に、
ある宅建業者に媒介を依頼したとします。

その際に、宅建業者は一般媒介契約、専任媒介契約問わずに
レインズへの登録の有無を決定しなければならないのですが、
登録する際には契約書への記載が義務付けられています。

主な登録事項は、住所や面積、形質などから、売買価格や
法令に基く制限などについてですが、専属専属媒介契約である場合は
その価格まで記載する事が制度上義務付けられています。

(一般媒介の場合は任意です)

また、一般商用サイトに掲載する事への可否も設定する事ができますから、
一般に公開されない、いわゆる非公開物件などのデータも
全てレインズ上では把握する事ができるのです。

つまり、土地の売買において一般的な商用サイトでは
知る事ができない実売価格や販売条件を知る事ができます。

非公開物件との価格相場の違いも把握できますから、
宅建業者はレインズを利用する事で情報地位において
大きな優位性を得る事ができる事になります。

そして、レインズで得られる情報のもう1点大きなポイントが、
契約が締結された場合はその日時を宅建業者は
レインズに報告する義務がある
という点です。

つまり、レインズを利用するとある一定の価格で販売した不動産が、
売れるまでにどのくらいの期間がかかるものかといった情報を
手に入れる事ができるのです。

また、宅建業者は日時のみならず取引価格を報告する事も
求められています。

交渉後などの実情価格を知る事も可能と、
一般的なサイトと比べてより正確な情報の入手が可能です。

ですが、残念ながらレインズは宅建業者を対象としたサイトですから、
一般人がレインズを利用する方法はそう多くはありません。

ですが、知識としてレインズの存在を把握しておくだけで、
一般媒介契約を依頼する際にレインズの利用の有無を宅建業者と相談するなどで、
売買に役立てる事は十分に可能です。