兄弟間での土地の売買

兄弟間で土地の売買を行う時に「後でトラブルにならない」為の秘訣

兄弟間で土地の売買を行うポイント

<目次>


【PickUp!】賢く土地を売る人が使っている土地の売買査定サイト【無料】
土地の売買で利益を上げている方の多くが利用している無料の査定サイトです。フォームに入力するだけで、信頼のおける不動産会社「最大6社」の中から、最も高く土地を勝ってくれる業者を見つける事が可能です。

兄弟での土地の売買は税金に注意

不動産の取引で結構ややこしいのは親族や親兄弟の間での取引です。

他人との間であれば、不動産業者を通じて行えばよいので、ほとんど問題になることはありません。

しかし家族や親族の間では、取引の値段などで著しく安い値段を使うことがあります。

ですが、これらの場合は税務処理の問題から、適当とは言えないことがあるのです。

たとえ親族間であっても、通例の取引関係と著しく価格がかけ離れている場合は、譲渡益、損益が発生するとみなされ、税額が高く設定されてしまう可能性があります。

その場合、たとえ親族間であろうと、近隣と比べて不当に安かったり、逆に高い価格をつけることはできません。

↓↓ check! ↓↓

土地を売却して儲かっている人は「不動産業者同士の査定額を比較」しているから損をしないんです。
無料で最大6社の査定額をチェックして、あなたの不動産が一番高く買ってくれる業者を見つけましょう。

≫【無料】わずか1分の入力で最大6社の買取査定依頼!最も高額な買取額を確認する

兄弟間の売買が発生する主なパターン

ではどのような場合に兄弟や親族間での売買が生じるのでしょうか。

・実母と弟の名義で親の土地のローンを払ってきたが、自分名義に切り替えたい

・結婚して嫁ぐことになったため、実家マンションの持分と住宅ローンの残債を自分の兄弟にに譲りたい

・父が払っていた住宅ローンの残債を自分が払うので、名義を自分のに変更したい

・老朽化が激しい叔母名義の住宅を、自分の名義に変更して建て替えたい

・兄弟3人で共有名義になっている土地を、相続などの問題が発生する前に自分の単独名義にしたい

・相続税の問題で他人に売却してしまうよりも、身内で売買したい

このようなケースが考えられます。他にもあるでしょうが、兄弟間の売買は良くあることなのです。

例え親族間の売り買いで有ってもちゃんとした手続き

親族間の売買手続き

多くは税務上の問題となるので、まずは売買契約書を作成し、確定申告が出来るような形にするべきです。

そして内容に問題が無いように、税理士に相談しましょう。これで大概の問題は解決できます。

親族間の土地のやり取りは、後々トラブルの種になってしまう事も中にはあります。

なので可能で有れば、第三者機関に間に入ってもらって処理を進める事がおススメですよ。

土地の買取価格を確認>>今すぐ「一番高い買取業者」が見つかる!「お得」な無料査定を試してみる