意見書

不動産鑑定と意見書の違いとは?それぞれの特徴について

不動産の状態を専門家に見てもらうと、鑑定書が作成されます。これを作れるのは不動産鑑定士と言う国家資格を持った人しかできません。

基本的にはこれをもとに土地の評価が行われます。

つまりとても重要な意味を持つ書類だと言うことです。その鑑定書に加えて意見書と言うものも存在します。

鑑定書の作成の変わりに参考になる意見書について

不動産鑑定士に、土地の鑑定書を作ってもらうのはとても費用が掛かります。

そこで、一応それに似た様式で、鑑定士ではない人に査定をしてもらう事があります。それを意見書と言います。

▼意見書作成よりも「オンライン一括査定」なら無料で不動産の価格を知れます

これには法的拘束力などは一切ありませんが、近隣住宅や土地の価格を参考にして評価をしているので、大まかな価格を知る上では参考になります。

実際に土地の売買に入るときは、きちんと鑑定士にお願いしてもう一度評価をしてもらいます。

概算の価格を知りたい方は意見書を利用するのがおすすめ

実際に売買契約まで行うかどうか分からない段階で、不動産鑑定士をお願いすると費用が掛かってしまいます。

概算だけでも購入の検討には十分使えますので、そのような場合は意見書を利用します。

不動産の鑑定にはとても時間がかかりますし、決められた書式にすべて記入していかなくてはいけません。

意見書の他に無料で不動産価格を知る方法

意見書は定められた形式がないので、不動産鑑定士が簡略化で作ることもあります。

どちらにせよ、おおきな金額が動くので、大まかな見積もりを作るのに意見書は役に立つのです。

路線価や実勢価格に信憑性が無い場合は意見書を利用しても良いでしょう。

そして何よりもお勧めなのが、オンラインの一括査定です。これは不動産会社の見積もりを複数から比較できるので土地の売却にはかなり便利な仕組みです。

不動産の売却を考えている方は是非御参考くださいね。

▼高く不動産を売るなら意見書より「オンライン一括査定」を利用するのがお得で効率的