譲渡所得税

土地の売却時には譲渡所得税の申告が必ず必要です!

不動産を売却したことによって売却益が出た場合、税法上では譲渡所得と区分されます。
その場合は確定申告をして「譲渡所得税」という税金を納めなければなりません。

ここではその様な、不動産売却時の譲渡所得税について解説させて頂きます。

土地の売却時には「譲渡所得税」が必ずかかります!

自分の土地を売っただけで確定申告なんて面倒だなと思うかもしれませんが、前述した様に「譲渡所得税」と言う物が掛かります。これは法律で決められているのです。

▼税金が掛かる分、高く不動産を売却する為の方法とは

おそらく、不動産業者を通じて行えば、その業者から教えてもらえるのですが、厄介なのは個人間売買ですね。

その時、うっかりして確定申告をしなかったりすると、譲渡所得税への課税と、その未納分の延滞税がかかってしまいます。

延滞税の利率は14%を超えてるので、今どきのサラ金よりも暴利ですね。ですから、そんなことにならないように、しっかりと申告しましょう。

土地の売却が出てなくても申告は行った方が良い

売却は利益が出ても出なくても行う方が良いです。損失が出た場合、不動産以外の収入と相殺して所得税の還付を受けることが出来るからです。

不動産の税金って、それで商売をしてる人だけが行えばよいと勘違いしてる人も多いのですが、自分が居住してる住宅を売買したときにも税金はかかってきます。

これは自家用車を売ったりするのと変わりません。

一般の人は個人売買をすることはあまり無いと思いますが、税金関係で問題が生じるのを防ぐため、不動産業者を入れて契約を行う方が良いですね。

不動産の金額に応じた税金を確定させるために、文書を残しておくと、あとで確定申告に添付できます。

譲渡所得税に関する書類は仲介業者が用意してくれます

後は領収書、仲介手数料などが必要となります。

そのような書類は仲介業者が準備してくれますので、確定申告をお願いする税理士に渡せば済みます。

頻繁に土地取引を行わないのであれば、面倒なことは専門の業者にお願いすると間違えなくて良いですが、慣れてくると自分でもできるようになります。

▼一番高く土地を売るなら不動産鑑定より「オンライン一括査定」を利用するのがお得で効率的