原価法

不動産鑑定時の原価法の再調達評価の仕組みを知ろう!

不動産鑑定を行い、評価をするには三つの方法があります。原価法、取引事例比較法、収益還元法の三つです。

今回はその中でも原価法の再調達価格について詳しく掲載して行こうと思います。

不動産鑑定の原価法では、再調達評価を行う事も

原価法では再調達評価を行い、その価格を求めることがあります。

これは周囲に比較対象となるような土地や建物が存在しない場合に用いられるものです

ある宅地があるとします。

その周囲では宅地造成が行われておらず、その一件だけについて評価をしなくてはいけないとします。

▼土地を売るなら不動産会社の買取価格を6社から一括無料査定してもらうのが一番手っ取り早い?

どれだけ建設に費用が掛かったのかを調べる

現在、宅地として存在して、建物もあるとするなら、それが造成、建築された時点でどれだけの費用をかけてそれを行ったのかを調べます。

そのような資料が残っていれば、当時と現在の代金上昇率から求めることが簡単にできますが、資料が全く手に入らない事の方が多いのです。

その場合、もし現在の資材、工法などで同じことを行ったらいくらかかるのかを求めます。

そしてこれに減価修正を行って、現在段階での適正な価格を割り出すものです。

減価修正には二種類の方法が有ります。

減価修正は耐用年数によって求めるものと、観察減価法の二つがあり、原則的にはこれら二つを併用するものとされています。

耐用年数に基づく方法は、一定年数ごとに減っていく定額法、一定割合で減っていく定率法などがありますが、一般的には定額法を用います。

観察法は、形を見て観察変化が確認できて、それが減価要因となることを調査して行われるものです。

どのような方法を使うにせよ、原価法は周囲との比較が難しい場合において用いられるものとして解釈しておいて良いでしょう。

▼一番高く土地を売るなら不動産鑑定より「オンライン一括査定」を利用するのがお得で効率的