瑕疵担保責任は不動産の売買においてチェックしておこう!

瑕疵担保責任

不動産取引においては契約に様々な条項が記載されます。その中に瑕疵担保責任と言う物があります。

不動産取引時には瑕疵担保責任をちゃんと確認を

それは何かしら購入した物件、土地に問題があった場合、その責任をどちらが負うかについての明記です。

この条文は、購入した物件に何かしらの問題が発生した場合、その土地や物件の価値が著しく減じられてしまうことが起こったために、契約の条項に記載をするようにしたものです。

これは予測不可能なことを書くのではなく、一般常識に照らし合わせて、通常であれば知らせて当然であろうと言うことを言わなかった、知らせなかったことによる不利益について責任を明確にすることを言います。
▼あなたの不動産はいくらで売れる?「オンライン一括査定」なら無料で不動産の最高売却価格を知れます

瑕疵担保責任をしっかりして置けばトラブルも回避できる

たとえば、アパートを借りたのだけど、その前の住人がそこで自殺していたとします。

借主としては気持ちの良いものではありませんし、普通そのような物件であれば借り手はあまり出てこないと思われます。

それなら値段を下げて貸すところを、黙って貸したらどうでしょうか。本来であれば下げられる家賃が下がらないままであれば、借主に不利益が生じます。(ここまで悪質だと「告知義務違反」でもあります)

ですので、瑕疵担保責任を明確にすることで、あとで余計なトラブルが生じることを避けるために設けられたものです。

余計な問題を増やさない為にも、瑕疵担保責任はしっかり確認しておこう!

そうはいっても、これでもやはり様々な問題は生じてきます。

土地取引の場合、その地下に埋まっていたものが問題で裁判になったケースも良くありますね。

その土地に埋まっていた基礎構造物や、汚染された土壌などが問題となって裁判に発展したと言うのが良くあるようです。

判例は様々ですから、一概には言えませんが、最初に契約で一筆入れておけば余計なトラブルが無くて済むようですね。

▼最高額で不動産を売れる「オンライン一括査定」を利用するのがお得で効率的