main image

土地の売買の注意点とは?値段を高く売りたい!その秘訣

土地や不動産を出来るだけ高く買い取って欲しい

不動産会社に土地を売りたいけれど、安く買いたたかれそう

交渉とか苦手だけど、なるべく土地を高く売りたい

買取業者に騙されたくない

土地の売却をどの様にすすめたら良いのかわからない

こういう方は、不動産のオンライン一括査定の依頼をするだけで最高値をつける不動産業者と簡単に土地の売却を進められます。


▼一括査定で今スグあなたの不動産の最高額を無料でチェック

土地の売り買いで注意したいポイント!

土地の売買が必要になったら…

土地を売らなければならない事情になることは、
土地をもっている人であれば、誰でもありえることです。

相続が発生して売却しなければならないとき、事業がうまく行かず、
資金が必要なときなど、様々な事情があります。

土地を売る状況にないときは、計算上では資産○千万とか、
○億とか言って、売ればお金になるから大丈夫と思っているでしょう。

しかし、実際に売りに出したときに、
希望通りの金額にならないことがままあります。

土地の売却価格はうまく行かない事も

何故、ままならないかというと、その売りたい土地を本当に必要で
買いたいと思ってくれる買主がいるかということです。

相手も、売主が高く売りたいと思うように、
買主もなるたけ安く買いたいと思うのは当然のことです。

そして、買主が誰かということでも金額が変わります。

例えば個人の方が、あなたの売る土地に住みたくて買う場合なら、
希望通りの金額になるかもしれません。

しかし、買主が事業用に購入して住宅やマンションを建てて
販売するということであれば、買主も利益を出さなければならないので、
土地の売買による仕入金額は安くなります。

ということは相手が誰かということでも
金額が変わってしまうんですね。


▼一括査定で最高値で土地を買ってくれる業者を見つけよう

一番注意したいのは、土地が何に適しているのか

それと、一番の注意点は、
その土地が何に一番適しているかということです。

住宅街の一角の土地ならば、一戸建てやマンションになるでしょう。

少し住宅街から離れているのなら倉庫とかでしょうし、
近くに大学などがあればワンルームでもいけるかもしれません。

そうなんです。

場所によって価値を見出す思いが買主で変わるということです。

ですから、計算上の資産金額を信用しすぎて、
思うような金額にならななかったという話しはよく聞くことです。

事前に土地が最高の価格を出すであろう建物をしかっりイメージしましょう。

それから仲介不動産業者と打ち合わせし、必要書類を把握して
手続きにかかる手数料などの費用も考慮しながら
売る方法を見出していく事が重要かと思います。

そして忘れがちなのが確定申告なのですが、
こちらの事も合わせて考えていく必要があります。


▼オンライン一括査定で一番高く買ってくれる不動産会社を見つける



おすすめランキング

イエイの一括不動産査定

>>今すぐ「一番高い買取業者」が見つかるイエイで無料査定! 「イエイ」は、実績と…

続きを読む
不動産売却のミカタ

不動産を少しでも高く売りたい方におすすめの「不動産鑑定エージェント」。このサイト…

続きを読む
ランキング3位: スマイスター

土地の売買の時に利用したい、オンライン一括査定業者のスマイスター。ここでは利用を…

続きを読む

最新記事一覧

意見書

不動産の状態を専門家に見てもらうと、鑑定書が作成されます。これを作れるのは不動産…

続きを読む
譲渡所得税

不動産を売却したことによって売却益が出た場合、税法上では譲渡所得と区分されます。…

続きを読む
土地の個別格差率

不動産鑑定評価において標準価格とは、その対象不動産の近隣地域の価格を言います。 …

続きを読む
原価法

不動産鑑定を行い、評価をするには三つの方法があります。原価法、取引事例比較法、収…

続きを読む
土地の売買の注意点とは?値段を高く売りたい!その秘訣thumbnail

✅土地や不動産を出来るだけ高く買い取って欲しい ✅不動産会社に土地を売りたいけれ…

続きを読む
マンションの売却価格と相場を調べてから土地の売買手続きをしよう

少子高齢化が進んでいます。 早晩東京圏にも及ぶと思いますが、地方都市では住宅地に…

続きを読む
土地の売買に役立つレインズによる不動産取引検索とは?

不動産検索サイトなどは、大手のスーモやホームズなどが 非常に高い知名度を持ってい…

続きを読む
土地の売買で困ったときは不動産のオンライン査定を活用する

「遺産相続で継いだ田舎の土地、現実的に使い道が無いので売却したい。」 「所有して…

続きを読む

カテゴリ用の見出し